バンドックソロベースEXのYYYA’s CAMP的カスタムの話

ソロキャンプ

皆さま、こんにちは。

YYYA’s CAMPです!!

今回は私が愛用しているバンドックソロベースEXのカスタムのお話です。

【ソロキャンプ】真夏のふもとっぱらで軍幕野営!夏雲と富士山の絶景と中華鍋でキャンプ飯を楽しむ!【バンドックソロベースEX】
YYYA’s CAMP

YYYA’s CAMPのYouTubeチャンネルの上記動画にて初めて、カスタムを加えてみました。

カスタムした点は2つです。

①バンドックソロベースEX設営の際に付属しているガイロープからパラコードへの変更。

②付属している蚊帳からテンマクデザインのモノポールインナーテントメッシュへの変更。

これらについて、今回は記事にしました。

先にお伝えできることは、自分なりのアレンジってとっても楽しいですね♪

付属のガイロープからパラコードへの変更

YYYA’s CAMP

バンドックソロベースEXにもともと付属しているガイローブは至ってシンプル。

ガイロープにしては細くて、強靭さに欠けるのではないかと心配になることもありましたが、このテントをソロキャンプで使用して20回以上になりますが、へたれることもちぎれることもなく見た目以上に頑丈なガイロープです。

ただ、、、無骨不足なんです、、、

この部分が私にとってはとても重要でDDハンモックをソロキャンプに導入した際に購入したパラコードで代用できるのではないかと思いました。

ちなみに、DDハンモックでのソロキャンプに動画はこちらです。

【ソロキャンプ】雨の森でハンモック泊!メスティンで炊き立てご飯と鉄板で焼いたステーキを楽しむ!【DDハンモック】
YYYA’s CAMP

私もまだまだ詳しくはないのですが、DDハンモックと組み合わせることが多いDDタープにはパラコードが必須となるそうで、色々と勉強しました。

かつ、パラコードを使ったロープワークが難しい、、、(笑)

このあたりは勉強を重ねて、ブログにて共有できるように致します!

話はそれましたが、DDタープを設営する際につかったパラコードがとっても無骨でかっこよかったんです。

それがこちらです。

TOUGH-GRID 750ポンド(耐荷重340kg) ミルスペックパラコード 50フィート 11芯

何度も言いますが、このパラコードはみためが本当に無骨で男心をくすぐります!!

このポイントが私にとって、とても重要です!!

もちろん、素材感もびっくりするくらいしっとりしていて、触り心地が良いです。

パラコードという名前の通り、パラシュート用の紐として使われているためとてつもなく頑丈で適度な伸縮性があります。

このパラコードをバンドックソロベースEX用に以下の長さで切断し、自在金具をつけました。

YYYA’s CAMP

上記のようにテントメインの部分の長さは10メートルで切断し、半分におり画像のように結び、両端に自在金具を装着。

使用した自在金具はこちらです。

本音をいうと、もっと無骨な金具が欲しいです、、、

この辺りの細かいところも拘りたいので、楽しみながら探していきます!!

そして前幕の跳ね上げ部分の長さは2メートルにしました。

こちらにも片端に自在金具をつけています。

YYYA’s CAMP

ただ、2メートルですとやや短かったので、3メートルくらいあっても良いかもです。

以上、こんな感じでガイロープからパラコードへアレンジをしてみました。

このパラコードはバンドックソロベースEXの色や素材感に合う!と自画自賛しています(笑)

このしっかりテントを支えているパラコードがもつ存在感は実際に使用してみると、強く感じます!!

*つたない説明となっていますので、ご不明点ながございましたら、ブログのコメント欄にお気軽に書いてくださいね♪

続いては、付属の蚊帳のカスタムについてです。

付属の蚊帳からテンマクデザインのモノポールインナーテントメッシュへ変更

YYYA’s CAMP

バンドックソロベースに付属している蚊帳でも問題ないのは事実です。

付属の蚊帳の機能性もビジュアルも申し分ないかっこよさがあります。

ただ、私が自分なりのアレンジをしてみたいという好奇心からの挑戦でした。

このインナーテントはもともとはDDタープのステルス張り内の寝床用に導入したものでした。

【ソロキャンプ】真夏の森で野営!DDタープステルス張りと焚火の業火で鉄中華鍋キャンプ飯を楽しむ【Bushcraft solo camping】
YYYA’s CAMP

上記の動画内であるように、DDステルス張りとの相性が抜群だったことと、インナーテント内が広くて快適だったことから、もしかしたらソロベースでもいけるのではないか?という好奇心がきっかけでした。

そして、いざバンドックソロベースEXへ設置となりました。

YYYA’s CAMP

果たして、バンドックソロベースEXに入るのか、、、

初めて入れた時は幅が足りずにこれは入らないなと思いましたが、ソロベースのメインポールを内側に入れれば、入ることに気がつきました!!

以下の画像のような感じでやれば入ります!!

YYYA’s CAMP

上手に入った時は、テンションが上がりました(笑)

このインナーテントを使用して数回が経ちましたが、メリットとデメリットを簡単に共有しますね。

メリット

  • 純粋に自分なりのアレンジが出来たという満足感。
  • 付属の蚊帳より広いから快適。
  • 下部分以外メッシュなため、涼しい。

デメリット

  • 現状考察中ですが、軍幕とのビジュアル的な相性はどうなのか?
  • 付属の蚊帳より大きいため、前室が少しだけ狭くなる(雨の際は特に感じました。)
  • インナーテントを設営撤収する時間が追加された(とても簡単な設営撤収なのでそこまで気にならないですが、付属の蚊帳に比べれば時間はかかります。)

記事を書いている現在は森に入るともう秋を感じる季節となり、蚊帳やこちらの使用もなくなります。

もう少しだけ検証してみて、来年の春夏のソロキャンプへ繋げていこうと思います!

バンドックソロベースEXの秋冬カスタムの展望

YYYA’s CAMP

秋冬へ向けたバンドックソロベースEXのカスタムもとても楽しみなところです♪

私自身が忘れないように、ここにカスタムのイメージを書き残しておきます。

  • メインポールの二股化
  • 跳ね上げポールの変更(これは秋冬関係ないですね)
  • 前幕の拡張
  • 薪ストーブ導入のための対策

このあたりをイメージしています。

とにもかくにも、秋冬はソロベース内での快適性がとても重要で広さを確保するための、二股化や前幕の拡張。

真冬の対策としては薪ストーブを導入するために、薪ストーブの煙突をどうするかも重要です。

ポールの変更に関しては、現状の黒いポール意外で無骨なものがあれば、導入したいですが、、、どうしても偽物っぽい木製ポールは、私の中でも合わないような気がしています。

簡単ですが、以上が今後のカスタムイメージです!!

自分なりのカスタムは成功失敗が必ずありますが、そこが楽しくてワクワクしますよね!!

こうしようかな?ああしようかな?と考えている時間が何より楽しかったりしますね♪

*つたない説明となり、申し訳ござません。ご意見、ご感想など、ございましたら、コメント欄にお気軽に書いてくださいね♪

以上、YYYA’s CAMPでした。

コメント

  1. Masaki より:

    いつもyoutube楽しませていただいています。動画もブログもそうですが、謙虚で研究熱心で、それでいてとても楽しまれていそうな雰囲気が伝わってきてとても心地いいです。これからも楽しみにしてます。

    • YYYA's CAMP YYYA's CAMP より:

      Masaki様

      いつもご視聴ありがとうございます!!
      そして、ブログにコメントをくださり、とっても嬉しいです^_^

      そういって頂けて、とても励みになります!!
      引き続き全力で楽しみながら、YYYA’s CAMPなりの挑戦や研究をYouTubeやブログに発信し続けていきます♪

      引き続きよろしくお願い致します(^_^)

タイトルとURLをコピーしました